飾り巻きずし研究家・うきすみどりの寿司ワールド

cloon.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:秋田の美味しいもの( 9 )

秋田物産展 ~ 渋谷駅・東急東横店

こんにちは。

秋田LOVERSの皆さま、朗報でございます。

とうとう来ましたよ!秋田物産展が!
東急東横・西館8F催物場で開催中です。
e0210194_20211645.jpg

目黒方面に所用で出かけておりましたので、渋谷は好都合!
地元の蔵元さん、大平山のブランドで有名な
小玉醸造さんも出展されるとの情報をキャッチし
行ってまいりました♪
こちらの日本酒は、JALのファーストクラスに採用された事もある
老舗酒蔵さんなのですよ〜。
顔なじみのAさんともお会い出来てラッキーでした。
が、お客様が続々いらしていたので、早々に退散。
e0210194_20233712.jpg


あとは会場巡り♪
気になるものがたくさんあって、キョロキョロ。
不審者のよう・・・(笑)

ランチタイムという事もあり、まずは腹ごしらえを。
イートインのコーナーでは、比内地鶏で有名な比内やさんが出店。
迷わずこちらで比内地鶏親子丼ミニを!!
当たり前ですが、美味しい!!
e0210194_20241833.jpg

地元でも大人気のセキトの志んこ(あんこ餅)は、長蛇の列!
毎日空輸されてくるようで13:00~の販売だそうです。

私は散々迷い、母が好きだった豆腐カステラ ミニサイズをゲット!
これ知っている方は、かなりの秋田通??
e0210194_20245625.jpg

そうそう、ここでお得情報です!!
期間中2,500円(税込・レシート合算)以上お買い上げごとに
秋田物産展会場内にて利用できる「割り引き券」500円が貰えるそうです。
100万円買うと20万円貰えるって話しですねっ‼︎

但し、総数10,000枚だそうで、お早目にね~♪
有楽町の交通会館内のアンテナショップでも使えるようですよ!
1/21日(木)~27日(水)迄の期間限定ですので気になる方は
是非ぜひ渋谷へ!

自称、秋田ふるさと観光大使が秋田の美味しい情報をお伝えいたしました~。

期間中、小玉醸造さんの日本酒をゲットしなくてはっ‼︎


今日のお得情報はいかがでしたか?
イイネ!の窓口はコチラへ↓
そうでもなかったらスルーで(T_T)/~(笑)
ふふふ、またいらしてね♪

にほんブログ村
[PR]
by cloon | 2016-01-22 20:30 | 秋田の美味しいもの | Comments(0)

蔵元を訪ねて ~ その②

本日は、前回の酒造りの工程に続き
いよいよお酒のご紹介です。

仕事の関係で、いくつかご提案いただいたきたいと思っていたところ
今回は、下記のお酒をご紹介いただきました。


①純米大吟醸「天巧」 ②純米秋田きもと ③生もと純米 無濾過生 ④純米吟醸 澄月 
以上の4種類です。


お酒の特徴は、小玉醸造(株)様のホームページをそのまま引用させていただきました。

(R)←は、某有名Restaurantのシェフより、テイスティングした印象と
お酒に合う料理としていただいたコメントを掲載いたしました。


               ◆純米大吟醸「天巧」
e0210194_0292690.jpg
【2013年・モンドセレクション最高金賞受賞】気高さの中に同居する圧倒的な存在感。これぞ太平山の真骨頂。太平山独自の生もと造りで醸した純米大吟醸です。


(R)
●印象ー非常に香り高く、コクの中にしっかりしたキレがある印象でした。
●合う料理・・・酒の香を活かすため、新鮮な白身の魚を使った料理に合う。



    

               ◆純米秋田きもと
e0210194_0295975.jpg
【2013年・モンドセレクション最高金賞受賞】地元産の「美山錦」を太平山の生もと造りで醸した純米酒。旨味があり喉越しの良いのが特長で、冷やはもちろん、人肌燗にするとさらに米由来の旨味が冴えるタイプ


(R)
●印象ー生酛(伝統的なで大変な労力を必要とする酒) 味わいが濃く、
ふくよかな豊さが表現されたお酒。
●合う料理・・・蛤などの旨味を持つ貝類や蟹味噌などを使った料理


     

               ◆生もと純米 無濾過生
e0210194_0302826.jpg
モンドセレクション金賞受賞の「生もと純米」の無濾過生バージョンです。品質保持のために遮光袋を採用。生もと造り独特のコクと米の持つ旨味が凝縮した濃厚な口当たりを存分にお楽しみ頂けます

(R)
●印象ー舌にダイレクトに伝わる米の旨味を感じさせ、爽快感を感じさせる。
●合う料理・・・柑橘をフレッシュな野菜・魚貝組み合わせた料理
    



               ◆純米吟醸 澄月
e0210194_031143.jpg
地元産の酒造好適米、秋田酒こまちを100%使用。華やぎのある吟醸香と、
スーッと喉を通る優しい飲み口が特長です。


(R )
●印象ー清らかと淡麗な印象、喉にストレートに落ちていく明確で透明な味わい。
●合う料理・・・シンプルに焼いた筍や、からすみなどを使った料理。



どれもこれも気になりますね~(*^_^*)
因みに、レストラン スタッフの皆様1番人気は、
澄月だったとお聞きしております。

商品の詳細は、小玉醸造(株)様のホームページからどうぞ!


ある時、ヨーロッパに暮らす知人が申しておりました。
日本人はワイン・ワインと騒ぐけれど、和食にはやっぱり日本酒が一番!と・・・。
そうよねそうよね~、と納得。料理も含め、もう少しお酒のことを勉強してみようと思うこの頃です。

昨今は日本酒バーも出店し始め、ブームの予感がいたします。

ワイン消費を1割でも2割でも日本酒に切り替え、
日本酒の消費拡大と世界的なブームが作れないものかと
妄想が広がるわたくしです・・・。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。


ご訪問いただいた皆様、日本酒の応援を宜しくお願いいたしますね~♪

ついでにワタクシの応援なども~(^^) ↓↓↓
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ
にほんブログ村
[PR]
by cloon | 2014-03-29 02:44 | 秋田の美味しいもの | Comments(0)

蔵元を訪ねて ~ その①

昨年、日本の和食がユネスコの無形文化遺産として登録されました。
その和食と共に、世界的大ブームを予感させる日本酒。

私のふるさとは、 『米の秋田は酒の国』 という
キャッチフレーズがあるほど、たくさんの酒蔵が存在いたします。
今回は、その一つ小玉醸造(株)様を訪ねてまいりました。

創業明治12年という老舗の酒蔵です。
秋田で、『酒は秋田の』と言えば『太平山』と、誰もが答えるキャッチコピーで有名な
秋田清酒 『太平山』をブランド展開するメーカーです。

もともと、味噌・醤油醸造からスタートしていることもあり、
そちらの商品も中々魅力的です。


さてさて、今回は仕事を兼ねた訪問ということで(ブルーホールも楽しみの一つ♪)
普段は入れない酒造りの現場に潜入させていただきました。


広大な敷地の中にある秘密の入口から入ります。
↓↓↓
e0210194_14224639.jpg


衛生上、ここでシャワーキャップの様な帽子を被ります。

担当のA様から杜氏の方を紹介していただき、
シャワーキャップのまま挨拶を交わすわたくし、
ちと恥ずかしい・・・。

e0210194_14273380.jpg


杜氏さま、寡黙な人柄とお見受け。
こういう方が作るお酒は間違いない!と、確信。

に、しても男前の杜氏さま、きっとお若い頃は女子の憧れの的
そして今は、日本酒ファンの憧れ・・・と、私の妄想も膨らんだところで
いよいよ内部の見学へとまいります。


原料となるお米(rice)はエアーシューターの様な機械で
洗米(washing)する所へ運ばれます。

洗米されたお米、キレイです。
e0210194_1447230.jpg


写真左の青いレーンを通り、右中央にある蒸しの工程へと進みます。
e0210194_14372978.jpg


蒸米→麹造り→酒母

仕込みをして数日すると醗酵が始まります。
e0210194_14581525.jpg
泡がポコポコしています。


タンクの周りには、ホースがぐるぐる巻かれており
氷で冷やされた水がホースの中を通ることにより温度調整されます。
1タンクずつ、徹底した温度管理の元、良質の醪を作っていきます。
e0210194_16192922.jpg
ホースにはタンク毎に番号が付けられています。

出来た醪は、カーテンの様な白くて長い袋へ投入。
この方法はヤブタ式といって、多くの蔵元さんが取り入れているそうです。
e0210194_1514380.jpg


その後、生酒→火入れ→貯蔵という工程を経て、
ようやく私たちの元へと届けられるのです。
ちなみに、袋に残った酒粕は、板状酒粕として店頭に並びます。

いよいよ明日は、お酒の紹介です!

最後までお読みいただき、ありがとうございました


日本酒が出来るまで、参考になりましたか?yes/ or / no ?
yes↓↓↓ (*^^) noの方はまたいつか~。
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ
[PR]
by cloon | 2014-03-27 16:29 | 秋田の美味しいもの | Comments(0)

お取り寄せ必至!ふるさと秋田の鍋セット

春の気配が感じられるこの頃ですが
皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、先日わたくし母の作るきりたんぽ鍋が恋しくなり
とあるところで呟きました…。

す、すると届きました。

ジャジャーン
↓↓↓
e0210194_2142918.jpg


秋田味商様のきりたんぽ鍋セット!

全ての材料がカットされているので手間要らず。使いやす〜い。
他のメーカーのセットは、もう少しスープがあれば…というスープの量ですが
こちらは、ストレートタイプが3Pも入っている太っ腹な内容。


お箱には、小林さま責任検品の証しと
きりたんぽ1本サービスのお知らせが…。
↓↓↓
e0210194_22102189.jpg



レシピを見ながら、いよいよ作ります。
e0210194_2232342.jpg


丁寧に作られたスープを決して沸騰させてはなりませぬ。
いつもなら、あっちでチョロチョロこっちでチョロチョロ。
気づけば 沸騰してた!なんて事に…。

今回は、刑事の様な鋭い視線で最後まで張り込む (p_-)

そしてついに出来上がり〜。
↓↓↓
e0210194_22504481.jpg


肉厚のキリタンポにシンプルな具材の味と
比内地鶏のスープが染み込んで
間違いなしの美味しさです。


今回は、お世話になっているH兄様のご縁から
秋田味商様のご好意で、頂戴したものです。
こちらの企業は、比内地鶏専門商社で
こだわりのキリタンポ鍋やその他オリジナル商品を
扱っている online shop の運営もされています。


じつはワタクシ、こちらの『鶏塩中華そば』が大好き!
これも兄様から一度頂き、その後やみつきになり
帰る度にお土産にしているのでございます。
この中華シリーズは劇売れしている模様で、
HPによりますと、なんと65万食の販売実績と
マスコットの鶏ちゃんがお礼を述べておりました。

初めてキリタンポ鍋を作る方にも、
また、秋田の味を懐かしむ方にも
オススメの鍋セットです。

秋田の美味しい食べ物・お酒・観光など
東京暮らしの目線から、今後もお伝えして参ります。

秋田味商・社長の工藤様(長身・イケメン男子です。)
この度は、本当にありがとうございました。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
今日の記事にご興味を持たれた皆様、
味商様への応援と…

ついでにワタクシへの応援も
よろしくでございます〜 (^-^)♪
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ
にほんブログ村
[PR]
by cloon | 2014-03-24 23:45 | 秋田の美味しいもの | Comments(2)

LA CHAMTE ~ Sparkling Sake (秋田・鈴木酒造)

今朝の東京は晴天!

そして冷え込みが厳しく、霜が降りてとても寒かったんですよ。


今朝は、良い事続き。

自宅近所を散歩中のビション風・ふわふわワンちゃんを触らせてもらい

新宿・モード学園辺りでは、ロケ中の北川景子さん(小柄で美しかった)に遭遇。

友達から、二つ重なった虹の写真を貰う。

と、小さい事ですが何だか嬉しいスタートでした。


仕事終わりは、秋田の日本酒・酒造メーカー「秀よし」さんで作った発砲酒。
「LA CHAMTE」

甘口でフルーティーな味わいが、女性受けしそうです。

e0210194_23332049.jpg



日本酒ですが、ワイン用グラスへ注ぎ

e0210194_23411631.jpg


食事は、仕事で作った「いつもの」お寿司。

e0210194_23443825.jpg



「このお酒飲みたい!」方はポツリ↓とお知らせしてね。^^
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ
にほんブログ村

明日も一日、巻いて巻いて巻いて来ます!

それでは皆様、素敵な週末を♪

by cloon
[PR]
by cloon | 2013-11-30 23:55 | 秋田の美味しいもの | Comments(2)

パリパリ食感!手作りかりんとう ~ 秋田・角館

最近、秋田へ帰ると必ず買ってしまう『薄葉黒糖がけ かりんとう』。
名前の通り、薄い葉っぱの形をしたかりんとうで
パリパリっとした食感と、ほどよい甘さが病みつきです。

こちらは、秋田の角館にあるゆかり堂製菓さんの商品で、
他にもクッキーのようなかりんとうのような食感の
『曳き綱』かりんとうなど、懐かしいお味で他には無い
珍しいかりんとうを製造販売しているお店です。

お取り寄せも出来るようですよ。
cloonはいつも、秋田空港のお土産屋さんで買っています。
e0210194_1451460.jpg



角館には、美しい人と美しい味が揃っています。
秋田観光には外せないスポットですよ!
(自称・秋田観光大使 cloon)


食べた~い♪ で、おひとつポツリン(^_-)☆
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ
[PR]
by cloon | 2012-02-09 14:42 | 秋田の美味しいもの | Comments(0)

盛りだくさんのフルーツ!!

今朝、実家から届け物が・・・。

箱のガムテープを剥がすと、フルーツの良い香り。
茶色や赤・黄色、沢山の種類の『梨』と『リンゴ』です。

e0210194_18143675.jpg
可愛い❤ミニりんごは『アルプスの乙女』という品種だそうです。


早速、食べた『王林』(リンゴ)。
甘くて、とても美味しかったです。
フルーツ食べて、若さをキープ!
したいものです・・・。

Mクン(父)ありがと~♪♪


<ランキングに参加しております。>
応援よろしくお願いいたしま~す。(*^_^*)
↓↓↓ランキングも、ご覧いただけます♪
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ
にほんブログ村 料理ブログ 飾り巻き寿司へ
[PR]
by cloon | 2011-12-08 18:37 | 秋田の美味しいもの | Comments(0)

お取り寄せ必至!上品なお味の『醤油ろうる』

先日、帰省していた秋田からのお土産に、と『醤油ろうる』を購入しました。
こちらの商品は、みちのく小京都・角館にある『安藤醸造』と
お菓子のくらた』のコラボ商品だそうです。
安藤醸造は味噌・醤油が美味しいのは有名なのですが
『醤油ソフトクリーム』がまた美味しくて行くと必ず食べてしまう程です。
そのソフトクリームが今回ロールになったというので買ってみたのですが
予想通りの美味さでした。
あきたこまち米粉を100%使用しているそうで、もちもち食感と上品な甘さ
そしてほのかな醤油の風味が、みちのく小京都を思わせる一品です。
今回はお試しで小さいサイズを購入しましたが
次回は冷凍でお取り寄せ!と、今から企画しています。

これからも、cloon独自の目線で秋田の美味しいものを
紹介してまいりますね。


e0210194_0182460.jpg
秋田・角館㊤安藤醸造×お菓子のくらた   『醤油ろうる』 



ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by cloon | 2011-06-26 00:43 | 秋田の美味しいもの | Comments(2)

秋田の蔵元を訪ねて(小玉醸造)

酒の国秋田出身のこの私。
地元の蔵元を訪ねるのは今回が初めて。
(住んでると意外と行かないのは私だけ?)

訪ねたのは、潟上市(旧飯田川町)にある小玉醸造さん。

元々は味噌醤油の製造から始まり、今では酒造りがメインになった蔵元さん。
創業当時から使用されている樽は必見の価値あり。(手ぶれでお見せ出来ず残念)
職人さん達が受け継いできた技術や想い全てのものが踏襲されて
現在の味になっているのでしょうね。
明治時代にタイムスリップした様な空間でした。

それにしても、訪れた日の寒さったら尋常じゃない。
建物の中にペンギンや白クマがいてもおかしくないほど寒かったです。
まぁ、この寒さゆえ美味しいお酒が出来るのでしょうね。
杜氏の皆様ありがとう!

試飲させて頂いた「生酛純米 無濾過生」美味い!
さすが、モンドセレクション金賞を受賞したお酒。
同じく金賞受賞の「純米大吟醸 天巧 無濾過生」も試飲し
濃厚でまろやかな口当たりに惹かれつつ、結局クイクイいけそうな
「生酛純米」をお買い上げ。
重いので宅配便にして、先ほど無事到着。

次はどこの酒蔵を廻ろうか、早くも思案中の欲ばりcloonさんでした。

e0210194_1564342.jpg



e0210194_1592417.jpg

[PR]
by cloon | 2011-01-18 15:18 | 秋田の美味しいもの | Comments(4)
line

東京、『飾り巻き寿司研究家・浮洲みどりの飾り巻き寿司教室、寿司店、日本酒、和のイベント、企業イベント、米の消費拡大、地域活性化、飾り巻き寿司の制作なら【SUSHI ART DESIGN】へ


by くる~ん
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30